#008 入園前に知っておきたい!保育園の種類とメリットデメリット
このページのリンクにはプロモーションを含みます

#008 入園前に知っておきたい!保育園の種類とメリットデメリット



 

こんにちは!0歳の息子の育児に奮闘中の保育士兼フォトグラファーのakiです🌷

 

『保活は早めにしないと‥』なんて耳にしますが、保育園に幼稚園にこども園‥なにがどう違うのかわからないですよね。そこで、幼稚園や保育園の違いや保育士ならここを見る!園見学のポイントなど何度かに分けて書いていきたいと思います。

 

今回は保育園、幼稚園、こども園の違いなどをわかりやすくご紹介します!

 

保育園とは?

保育園とは保育の必要のある子たちのための厚生労働省管轄の児童福祉施設です。

 働く保護者の方などがお子さんを預ける『生活』する施設で0歳児から入園できます。

 ほとんどの園が就労証明書などの書類を提出した上での入園となります。

 預かる時間も長く、午前におやつがあったりお昼寝(月齢に応じて午前睡も)もあるのが特徴です。

 

 

【メリット】

・小さい頃からいろんなお友達と遊び刺激が受けられる

・周りの子を見てトイレトレーニングなどが進むことがある

・ 年間の行事が少なめ

・生活リズムが整いやすい

・他の年齢の子供達との関わりもあり、社会性が身につく

・夏休みなど長期休みがあまりなく、希望保育(お願いすれば預かってくれる)などが充実している

・給食がある(月齢に合わせて離乳食やミルクもあります)

 

 

【デメリット】 

・子どもとの時間が少なくなる

・入園当初は風邪などをひきやすく仕事を調整しなければならないことが多くなる

・週末、週明けは着替えや布団など荷物が多い

 

幼稚園とは?

 幼稚園は満3歳以上の小学校入学前の子どもを教育する文部科学省管轄の教育施設です。

 満3歳から入れる学校のようなものです。

預ける時間も短くお昼寝等はありません。

 

 

 

【メリット】

・入園までの時間親子の時間が作れる

・英語や体操、文字の読み書きなど教育に特化しているところがある

・お迎えの時間が早いので、その後に園庭で遊んだりできる。また、その際にママ友ができやすい。

・お迎えが早いので、習い事などに行きやすい。

 

【デメリット】 

・お弁当の園やお弁当の日があるところもある

・園行事や保護者会などが多いことがある

・早帰り(11:30降園など) がある

 

 

 

 

 ◇こども園とは?

こども園とは幼稚園と保育園どちらの機能も持ち合わせており、教育・保育を一体的に行う内閣府管轄の施設です。

 

保護者の就労に関わらず、0歳から小学校入学前の子どもたちが生活し、教育を受ける場所です。

(ただし、保育園と同じように長時間預けたい場合や3歳未満で預ける場合は保育の必要があるという証明が必要になることがあります。)

 

基本的には午前のおやつ、お昼寝があります。 

  

そしてこども園にはさらに種類があります。

幼稚園や保育園は公立か私立かの2種類くらいしかないのに対してこども園は何種類かに分かれます!

 

〜認定こども園の種類〜

①幼保連携型

新たにこども園として新設した場合が多く、幼稚園と保育園どちらの機能もある。

土曜も原則として開園しています。

 

②幼稚園型認定こども園

もともと幼稚園だった園に+保育園機能をつけた園。幼稚園としての特色を残している園も多くあります。

 

③保育園型認定こども園

もともと保育園だった園に+幼稚園機能をつけた園。土曜日も原則として開園しています。

 

④地方裁量型認定こども園

分類としては認可外の保育施設や施設内こども園などがこれに当たることが多いです。主に少人数で縦割り(他の学年の子達と一緒)で保育することが多いです。

 

大変ややこしいですよね??

 

一言でまとめるなら、

①新しくできたこども園

②幼稚園からこども園になったところ

③保育園からこども園になったところ

④それ以外

と言った感じです。

 

わかりやすくまとめてくださっている方の投稿があったのでぜひ見てみて下さい!

 

 

長々と説明してきましたがここでメリットとデメリットを見てみましょう!

 

【メリット】

・縦割り保育で異年齢に触れられる(預かり保育などで一緒になることが多いです)

・保護者の方の都合で仕事を辞めたりしても転園せず、認定が変わるだけで済む。

・幼稚園のように教育してほしい‥でもおうちの方はお仕事が‥という場合も幼稚園型認定こども園という選択ができる。

・幼稚園型、保育園型など色んな園があるので幅広いところから選びやすい

 ・働いてる保護者の方に合わせて行事が少ないことが多い

 

【デメリット】

・地域裁量型認定こども園などでは満3歳になると転園しなければならないところもある

・クラスの中に1号認定の子と2号認定の子がおりお迎えの時間に差があるため、中には自分も早く帰りたい!という子もいる。

・行事が少ないことがある

・入りたい園でも入園には優先順位がある(2号3号認定)

・園よっては長期休みがある場合があり、仕事を休まなければならない。

 

 

 

どうでしたか?

少しは各施設の違いがわかっていただけたでしょうか?色んな種類の中から探すのも大変ですよね。まずは気になる園のホームページを見てみて、雰囲気を確かめてみてください🌷

  • この記事を書いたのは…

    aki

    ( ANOKOto編集部 )
    0歳息子の子育て中。
    保育士しながら休日
    フォトグラファーしてます🌷